2013年7月19日   心構え   投稿者:独立起業家

独立起業をする際に身だしなみの事、特に体臭は気にする必要があると思います。
なぜなら、人と会う時に体臭がきついと相手に不快感を与えかねないからです。

疑いない消臭効果が期待できる、と自信を持って勧める声も多い
プレミアムボディーソープデオラですが、一体どこで買うの?
やはりネット通販が主流です。

またネットですからポータルサイトなどではついつい他のものと
まとめ買いしたくなる方も多いかと思います。
しかし、プレミアムボディーソープデオラを単体で買うよりも
お得なセットも見逃せません。

例えば、プレミアムボディーソープデオラの2本セットはどれくらい
お得かといえば2480円、初めてだから失敗するといけない、とすぐに
決断できるかどうか、かなり考えてしまう値段です。

また、プレミアムボディーソープデオラのセットだけではなく、
他のカテゴリーとのセットとしては、プレミアムボディーソープデオラ+
ストーリア、つまり人気の香水がセットで3800円もお得です。

ストーリアといえばこちらも大人気の香水ですが、女性にもユーザが多いタイプです。
他にもセットはたくさんあります。もっともお得なのが、プレミアムボディーソープ
デオラが3本のセット、こちらはなんと9270円のお得セットとして人気があります。
おまけにこちらもストーリアが1本ついてきますので、ソープと香りを含めて
3ヶ月程度は持たせることができます。

セット購入といえば、1人分でなくて贈答品として購入しておくのもなかなかの
アイデイアですし、知人と分けて一気に購入する方もいますし、家族全員で、
子供もお年寄りもみんなで使ってみるのもよいアイデイアです。
今なら合計金額の5%のポイントもついてきます。1ポイントは1円の割引と
なります。会員登録も無料です。

2013年4月17日   未分類   投稿者:独立起業家

チワワを飼いたい理由はかわいいから、コンパクトで世話がしやすいから、
など色々ですが、お出かけにちょうどよい、という方も多いようです。
お出かけですから一緒にショッピングや旅行など、様々な状況で一緒に
連れて行ってあげられます。

留守番が長期に及ぶのはやはりかわいそうですし、
お出かけ犬として飼いたいという方も多いようです。
チワワは世界最小とよく比喩されます。キャリーバックにでも
入れれば電車にも乗れますし、フェリーなどでも大丈夫です。

キャリーバッグ類も専用のものが多種出回っています。
また移動にもただ人間と同じように扱っていいかといえば
多少のコツがあります。

たとえば車に乗せる場合はエンジンの音や振動が気になることがありますので、
できるだけしっかりとそばにチワワを抱えた状態でいっしょに乗ったり、
車の場合はブレーキ操作やアクセル操作も穏やかにするのが無難です。

他にはハンドルを急にきったりするとチワワが驚いてしまって
気分が悪くなることも考えられます。散歩とも違って大きく環境が変わり、
まるで見たこともない場所が多くなりますので、トイレや水分の補給を
しっかりと考えておき、余裕を見て定期的に休ませるのもコツです。

要注意点としては、車内にチワワを長時間残すこと、
車内が暑くて耐えられくなる、このような事件は
赤ちゃんにもたびたび起こっているようですが、
チワワにも同様のケアが必要です。適切な準備を
しておくと思いがけない楽しい旅行ができると思います。

2012年9月18日   心構え   投稿者:独立起業家

独立起業をして失敗しない為にはどうすればいいのかということですが、まずは情報収集に
限ります!!という方も沢山いますし、良く言われることです。

間違いではないのですが、それよりももっと前にやる事があります。

それは本当に心の底から独立起業して成功してやるぞ!という決意です。
まずそれがないと独立起業しても失敗してしまいます。

そしてやる!と決意してから情報収集でもなく次に必要なのは、何の為に独立起業するのか。
という目的です。
自分の利益の為だけに独立起業するのは失敗に終わってしまうケースが多いです。
サラリーマンの様に働くのが嫌になってただ単に自由になりたいから独立起業したいという
方もいらっしゃいますが、それも失敗するケースによくあります。

誰の為にどうやって貢献又は役に立っていきたいのか。といった感じで目的を明確にすると
独立起業してへこたれても、目的がある人はまた立ち上がることが出来ます。
なので独立起業するには必ずこの目的は必要なのです。

そろそろ情報収集かと思われますが、それも同時並行でいいかもしれませんが目的を明確に
した後はビジョンを明確にしましょう。
成功している状態を考えるのです。これも失敗しないためには必要な事です。
独立開業して成功しているビジョンを考えているとどんどんワクワクしてきます。
この作業は結構やってるとハマります。面白くて。

といった感じで、遠回りな気もしますし面倒な事かもしれませんがしっかりと目的とビジョン
を考えることは重要なのでせっかく独立起業してすぐに失敗となってしまうのも残念なので
この2つはしっかりと取り組む事をお勧めします。

2012年5月22日   心構え   投稿者:独立起業家

独立するということはその心構えが必要になります。独立して起業するというのは、
自分の城を作ることと一緒です。世の中には独立して起業する人がたくさん増えてきて
います。最近の終身雇用の崩壊により、独立した方がいいという考え方が増えてきたのも
事実です。

ビジネスの世界は戦国時代と一緒で独立起業したら社長(将軍)になります。その数は、
毎年増えてきていますが、失敗して会社という城を壊してしまういわゆる倒産というものも
たくさんあります。そうした中で独立起業して失敗しないために色々な努力をしないと
いけません。

よくテレビなどで成功した社長が出てきて成功論を話をしている人がたくさんいます。
もちろんそれを参考にするのもいいですが、成功例を真似したところで成功するという
わけではありません。成功者はその成功事例を自ら見つけて成功しています。

この成功論とは逆に失敗している人の話を聞く方が失敗を避けられると思います。
失敗するというのは、共通点がありますが、成功には共通点があまりありません。
そういったことから失敗したということの方が独立して起業する人にとっては為になります。

失敗した事柄を避ければ成功になるということですから。まずは失敗をしない。そのことだけ
を考えて行動すれば成功というものが近づいてきます。全て失敗した人がダメというわけでは
ありませんので、そこを見極めてください。その見極めが独立起業したときに成功するか失敗
するかの分岐点だと思います。

2012年1月17日   心構え   投稿者:独立起業家

独立起業を考えるとき・・・独立起業して、失敗したらどうしよう・・・というふうな、
所謂、“心配”をする方というのは、独立起業には向いていません。

と、いって、独立起業しても、100パーセント成功する、失敗はしない・・・といった
保証はないわけです。

で、あれば、独立起業をしようと決心をしても、失敗したらどうしよう、と考えることは、
半ば自然の成り行きではないか、というご意見があることでしょう。

私も、それは否定しません。

と、なると、ダブルスタンダードじゃないか、というお叱りを受けそうですね。

私が、否定しない、と申し上げているのは、“失敗したらどうしよう、と、考えること”に
ついてです。

独立起業して、成功するか、失敗するか・・・。この、どちらかしかないわけです。成功に
も、そこそこの成功もあれば、大失敗もあります。

失敗も、容認出来る程度の失敗から、大失敗まで、幅は広いですが・・・。

それでも、独立起業して、成功するか、失敗するか、の、ふたつしかない、ということには、
基本的には変わりは無いわけです。

失敗したときのことを想定して、対策を、あらかじめ考えておくことはあっても、独立開業
しても、失敗したらどうしよう、と、心配することそれ自体は、なんの役にも立たない、
ということなんですね。

ですので、独立開業して、失敗したらどうしよう、というようなことばかり考えている方は、
独立開業しない方がいいのでは、と、私は、考える訳です。

2011年11月12日   目指すところ   投稿者:独立起業家

独立起業をして、失敗をする・・・。なんとも、怖ろしい話です。
ネガティブ思考の方なら、独立起業、と聞くだけで、失敗、倒産、破産・・・といったような諸事象が、次々と、頭の中に浮かんでくることでしょう。

私は、どちらかと言えば、ポジティブ思考の方ですので、独立起業、の4文字を、頭にインプットしても、失敗、倒産、破産、なんて言葉がアウトプットされるのは、ずっと後の順になります。

まず私が・・・独立起業するなら・・・成功、富、贅沢、社会的地位・・・なんていう情景がどんどん浮かんできます。
それから、次に、雇用、社会的貢献、といったところですか。

独立起業して、自分が豊かになれば、次に、社会的に貢献していきたい、と、考えるのは、通常の流れである、と考えてもいいのではないでしょうか。
少なくとも、私は、そうです。

そしてようやく・・・独立起業・・・失敗!? という言葉が浮かんで参ります。失敗したらどうしよう? というところですね。
しかし、この、失敗、ということも、実は、独立起業する限りは、起こり得るリスクである、ということですよね。

で、あれば、独立起業したら、失敗するかもしれない、というふうな思考をして怖れている、ということは、ある意味、ナンセンスです。
失敗は、あり得ることではあるけれども、失敗しないように手当をしていくことの方が、徒に怖れているよりも、ずっと有益だ、ということですよね。

なんということはありません。ごくごくあたりまえの思考である、ということです。

2011年8月31日   手段   投稿者:独立起業家

さて。それでは。オレは脱サラをして独立起業するんだ・・・。
と決めて、起業へ向けて一直線・・・ああ、いいですねえ。

中年になっても、若い頃の熱気が蘇るように感じられる瞬間、って、
大事にしたいですよねえ。
で、脱サラして独立起業、ということになれば・・・。失敗したくはありません。

出来れば、脱サラする前に独立、起業のための準備をしっかりと固めておいて欲しい、
ということですよね。
脱サラしてしまえば、独立起業するまでの生活、ということを考えなければなりません。

失敗磨る云々、と言うよりも、人間、霞を喰らって生きているわけではありませんしね。
家族が居れば、尚更でしょう。ですので、独立起業の準備を整えてから、脱サラ、
といきたいところです。

しかし・・・なかなか、そううまく事が運ぶとも思えません。独立起業の準備が整うまで
脱サラしないでおけるのであれば、そのまま、脱サラしないで、独立起業しちゃえ・・・
なんてことも考えられないこともないんだ、ということですよね。

まあ、その点はまた、別の機会に考えることとして・・・脱サラして独立起業するまでの
生活費の捻出、ということを視野に入れて、資産運用をしておく、というのも、方法として、
アリ、です。

例えば、fx、なんていうのはどうでしょうか? fxといっても、簡単に手をつけられる
ものではありませんが、差し当たってfxについて、fxスプレッドなどの、基本的な知識を
押えておくことから初めて、無理のない範囲で、資産運用もしておく、ということですよね。

これが案外、独立起業時の気持の余裕に繋がることもあるでしょう。
失敗しないためにも、気持の余裕、ということですかね。

2010年12月6日   心構え   投稿者:独立起業家

失敗は決して失敗ではなく、そのまま放置して諦めてしまうから失敗となると
は至極名言だと思います。

これは私が作った言葉ではなく、どこぞに書いてあった事で単なる受け売りですが
これは本当にその通りだと思います。

似たような言葉で

・失敗は成功の母である。

これが一番近い言葉ですね。

あと、本質的に同じ事を言ってる類似的な言葉が

・継続は力なり
・為せば成る、為さねば成らぬ何事も
・求めよ、されば与えられん。叩けよ、されば開かれん

など。

先人はとても勇気を与えてくれる言葉を残してくれています。
「そんなこといってもなぁ」
「それができれば苦労はしないんだよ」
「何甘い事を言ってるんだ?」

と、思いますか?

では、素直になって自問自答してください。

本当にこれらの言葉が示すとおりに自分がこの人生を送ってきたかどうかを。
だいたい、すぐに出来ないと言って諦めてしまったのではないですか?

それはそれで、仕方ない部分もあります。
なぜなら、すぐに100点を取る事を強いられる教育を長年受けてきたからです。

100点を取れない=失敗 と刷り込まれてきたからです。

でも、そうじゃないだろ?と気づき始めてる人がチラホラ出てきています。

出来事それ自体に意味はありません。良いも悪いもないんです。
その出来事に意味付けするのは人間です。

一見不幸と思われる出来事も、それがなければ為し得ない事を経験できれば?
どうでしょうか?
それはキッカケにすぎず、不幸な出来事にはならない。

今、成功者と言われている人はほとんど例外なくどん底を味わってます。
でも、それがなければ今が無いと例外なく口をそろえて言ってます。
この意味がわかりますか?

2010年10月7日   心構え   投稿者:独立起業家

独立起業で失敗しないための大きな心構えは、失敗を失敗としてとらえて
落ち込む材料にするのではなく、失敗を教訓ととらえて、つぎに生かす学びに
するという、メンタリティーを持つ事。

そして、失敗する勇気を持つ事。
また、後進を育てるのであれば、その後進にも転ばぬ先の杖を与え続けるのではなく
あえて杖を与えずに転ばせてやること。

これが大事だと思います。

人は順風満帆できてしまうと、勘違いしやすい動物です。
自分が今まで転ばぬ先の杖を与えられて上手くやってきた事を自分の実力と
勘違いしてしまうのです。

そしてそれが何を産むかというと、驕り高ぶり増上慢でございます。

舗装された道路でスイスイ走ってきた車がオフロードではからきしダメなのと同じです。

だからと言って、進んで茨の道を進む必要はないと思いますけど、時にはあえて
辛い道を選んで見る事も、自らの経験を深くするには必要な事なのかもしれません。
だから、独立起業、つまり、一人立ちをするわけですから、自らの身に起きる全ての
事をありのままに受け止めるという覚悟が必要なのだという事が言いたいわけです。

そして、身に起こる失敗と思われる事も、甘んじて受け止め、その失敗をどのように
リカバリーするか、粛々と淡々と受け止めて対処していけば、それが血となり肉となり
人としてドンドンと成長していくことになるのだと思うのです。
失敗は決して失敗ではありません。
失敗をそのまま放置するから失敗になるわけで、それをどのようにリカバリーするかが
失敗に直面した時に、初めてその人の本質というモノが見えてくるのです。

2010年10月7日   目指すところ   投稿者:独立起業家

独立起業するからには、順風満帆で幸先よく安定した航海のように進めていきたい
というのが、一般的な人情だと思います。

でもトラブルというのは、必ずと言って良いほど発生します。
これは、ひとが何かを行なう際には絶対ついて回るモノなのです。
トラブルやイザコザを避けて仕事をすることは残念ながらできません。

でもだからと言って、独立起業を諦めることをする必要もないという事です。
失敗はしたくないけど、失敗・トラブルに見舞われるのが必然であるのなら
その一見ネガティブな事象をポジティブに転換させてしまえば良いのです。

つまり次に生かすということです。

次に生かすことができるのであれば、それは失敗ではなくなるのですね。
上手くいかない方法を発見したという学びになるわけです。

そもそも学校のテストだって本来の目的はそういうものだったはずです。
テストの点数が低いことは別に悪い事ではなく、その件について理解していない
ということなだけだから、また勉強しなおせばよいのです。

でも、日本ではテストの点数が低い事をテストの点が悪いという表現をします。
低い=悪いという解釈を子供のころから我々は刷り込まれるわけです。
洗脳され続けてきたわけです。

テストの点が低いのは絶対悪い事ではないはずなのに。

かつての車検にしてもそうです。
車検というのは、そもそも、ある一定期間で自動車の検査を行い、その検査で
不具合であるとか、故障してるところや、故障しかけてる所を見つける検査
だったはずです。